ジムニー JA22 下回り防錆(アンダーバリア)施工例【コメント付き】

ジムニーJA22Wのアンダーバリアを施工させていただきました。


先ずは施工前の状態の確認です。








タイヤを外して下回りと足回りの洗浄をします。



洗浄後の状態です。
洗浄が終わったら、エアブローをして乾燥させます。
年式の割には比較的サビは少なく良い状態の車です。













サビのある個所はケレン(さび落とし)をして、エポキシ樹脂のラストボンドを塗布します。緑色に見える部分がラストボンドを塗布した部分です。














こういう箇所にはサビが出やすいですね。
でも、このくらいは全く心配ありません。




こちらの車は全塗装の仕事といただいていたので、作業行程の都合で(真冬で工場内は氷点下でしたのでラストボンドを乾燥させるため)、ここで全塗装をさせていただきました。(塗装の際に塗装ブースで強制加熱乾燥するためです。)
車体色が変わってしまいましたが、同じ車です。念のため・・・

ラストボンドが乾燥したら、この後は鉄板の接合部などの隙間の錆びやすい箇所にシーリングをし、サビになる要因を少しでも減らしていきます。 白い線のようになった部分がシーリングです。
















マスキングをして施工箇所以外の部分を保護します。





車台番号もマスキングをします。
打刻した文字が防錆塗装で埋まらないように、後で別の塗料で防錆塗装します。

下回りと足回りとは塗料の性質が違うので、足回りにもマスキングをします。









作業者の撮影のため塗装している画像はありませんが、防錆塗装完了です。















塗装の入り込めない穴や中空になっている部分には防錆ワックスを注入します。




これで完成です。
古い車ですが、少しでも長く乗っていただけるようにしっかりと防錆させていただきました。
ありがとうございます。