ジムニーJB23W 8型 車体下回り防錆(アンダーバリア)施工例 その2 【解説付き】

ジムニーJB23W 8型のアンダーバリアを施工させて頂きました。

まずは下廻りの状態をチェックします。


 

下回り状態は比較的良い方です。
状態チェックも終了したところで、部品を取り外して、下廻りの洗浄作業です。

ホイールハウス内を半分程洗浄した所です。


洗浄が終わりました。


 

続いてはケレン(サビ落とし) → 錆処理 → 転換剤&ラストボンド(浸透性エポキシシーラー)を塗っていきます。


 

ラストボンドが硬化したら次の作業のシーリングです。
鉄板の合わせ目や水の入りそうな場所を塞いでいきます。


シーリング作業が終わったらマスキングします。


 


塗装します!・・・そして塗装終了!


 

外薗の入りにくい箇所や筒状の箇所の内側(中)に防錆WAXを注入・塗布してサビから守ります。


外した部品を組み付けて完成です!



オーナー様の大切にされる気持ちにお応えして、しっかりと施工させていただきました。
ご入庫いただき誠にありがとうございました。